1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が「第47回日本水環境学会年会」において「優秀発表賞」を受賞

環境情報学府生が「第47回日本水環境学会年会」において「優秀発表賞」を受賞

受賞情報

表彰状

2013年3月11~13日に大阪工業大学大宮キャンパス(大阪市旭区大宮)で開催された「第47回日本水環境学会年会」において、環境情報学府環境リスクマネジメント専攻博士課程前期2年の渋沢麻衣さん(指導教員:環境情報研究院・小林剛准教授)が優秀発表賞を受賞しました。
受賞研究課題は「1,1,1-トリクロロエタンに安定剤として添加された1,4-ジオキサンの土壌中挙動の測定と土壌・地下水汚染の可能性の考察」であり、新たな土壌汚染物質として懸念される1,4-ジオキサンの土壌中挙動の解明と汚染調査や浄化のための有用な知見を示すもので、将来性のある極めて優秀な発表と認められ受賞に至りました。全国の修士課程の大学院生の発表の中から、11倍という高い競争倍率にも関わらず、昨年に引き続き2度目の受賞となり、本学の大学院生の研究レベルの高さを大きくアピールするものとなりました。


ページの先頭へ