1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報研究院 後藤敏行教授および田村直良教授のグループが平成24年一般社団法人電子情報通信学会「論文賞」を受賞

環境情報研究院 後藤敏行教授および田村直良教授のグループが平成24年一般社団法人電子情報通信学会「論文賞」を受賞

受賞情報

環境情報研究院 後藤敏行教授および田村直良教授のグループが、電子情報通信学会論文賞を受賞し、5月26日に開催された同学会の総会で表彰され、賞状や賞牌などを授与されました。
受賞対象の論文は、同学会論文誌2010年10月号に掲載された「電子楽譜から点字楽譜を生成するインターネット連携自動翻訳システム」で、電子楽譜から点字楽譜に翻訳する方式および開発されたシステムは世界の視覚障害者の音楽活動を広げ社会的に意義のあるものとして評価を受けたものです。このシステムは、現在、研究室のホームページに6ヶ国語で公開されており(http://gotoh-lab.jks.ynu.ac.jp/braille_music_score/別カテゴリーへ移動します)、20ヶ国以上の国から利用されています。


ページの先頭へ