1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が、公益社団法人 環境科学会2021年会にて 優秀発表賞(富士電機賞)を受賞

環境情報学府生が、公益社団法人 環境科学会2021年会にて 優秀発表賞(富士電機賞)を受賞

受賞情報

2021年9月10~11日に開催された「環境科学会2021年会」において、環境情報学府人工環境専攻博士課程前期1年の島朋輝さん(指導教員:小林剛准教授)が優秀発表賞(修士課程学生の部)を受賞しました。
受賞となった発表テーマは「クロロエチレン類の粘性土壌中への長期浸入挙動の解析と加熱による溶出促進」です。土壌汚染地で、数十年かけて粘性土壌に浸入した土壌汚染物質の挙動を予測計算するとともに、加熱によって短期間で浄化を促進しようという研究です。コロナ禍によりオンラインでの発表とリアルタイム質疑が実施され、学会の理事・監事・幹事による投票結果により審査されました。
環境科学の発展に貢献する研究成果の優れた発表として評価され、今回の受賞となりました。


ページの先頭へ