1. EIS Home
  2. News & Information
  3. 環境情報学府生が、 「MRM Forum 2020」において「優秀若手発表賞」を受賞

環境情報学府生が、 「MRM Forum 2020」において「優秀若手発表賞」を受賞

受賞情報

 2020年12月8日(火)、オンライン開催された「MRM Forum 2020」において、大学院環境情報学府 博士課程後期1年 松本昭源さん (指導教員: 伊藤暁彦 准教授) が、「優秀若手発表賞」を受賞しました。

 発表題目は、「化学気相析出法を用いたHfO2透明厚膜の高速エピタキシャル成長とその蛍光特性評価」です。がんの早期発見や空港での手荷物検査の場では、X線を用いた画像診断法が用いられます。少量のX線照射で効率よく撮像を行うためには、優れたシンチレータ結晶が求められます。酸化ハフニウム (HfO2) は、高いX線阻止能を有することから、シンチレータ材料として有望です。一方、融点が高く温度変化に対して可逆相転移を示すことから、従来の溶融凝固法での結晶育成が困難でした。松本さんは、気相法を用いた酸化ハフニウムの透明厚膜蛍光体の高速合成に成功し、そのナノ構造や発光特性を報告しました。松本さんの優れた発表内容およびプレゼンテーション能力が高く評価され、今回の受賞となりました。

 なお、本研究成果の一部は、日本学術振興会科研費、横浜工業会学術研究推進援助、笹川科学研究助成、環境情報研究院共同研究推進プログラムの支援を受けて得られたものです。


Page Top