1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門(イノベーション政策分野) 准教授または講師(5年任期テニュアトラック)【11/16必着】

大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門(イノベーション政策分野) 准教授または講師(5年任期テニュアトラック)【11/16必着】

職名 准教授または講師(5年任期テニュアトラック)
所属・担当 所属:大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門 担当:大学院環境情報学府 人工環境専攻、都市科学部 環境リスク共生学科
人数 1名
採用日 2021年04月01日 またはこれ以降のできるだけ早い時期
任期 5年間。ただし、この期間の研究・教育業績によりテニュア(任期なし)への審査を検討します。実績によってはテニュア審査を採用と同時に行います。テニュア採用の場合は任期なし。ただし、定年は65歳。
試用期間あり(6カ月とする)
待遇 本学規則に従います。
年俸制(国立大学法人横浜国立大学年俸制教員(A)給与規則適用)
※専門業務型裁量労働制適用により、1週間あたり38時間45分働いたものとみなされます。
分野・専門領域 イノベーション政策に関わる経済学等の分野
担当科目 以下の分野に関わる学部および大学院博士課程前期・後期の科目や演習
・イノベーションの促進に関わる公共政策(科学技術政策、産業政策、中小企業政策、環境政策、地域政策、都市政策など)
・定量的分析手法を用いた政策評価
職務・研究内容 【研究内容】
・経済・環境・技術政策などイノベーションの促進に関わる公共政策の分析
・データサイエンスの手法を活かした政策の分析・評価・提案
【教育分野】
上記の担当科目に関連する分野
【その他】
大学内の管理運営等の業務の分担
選考方法 書類審査による第一次選考の後、プレゼンテーションと面接により第二次選考を行います。適任者がいない場合は、最終候補者を選考しない場合があります(面接にかかる交通費、宿泊費等は応募者の負担とします)。なお、感染症の状況に考慮して、Zoom等のオンライン会議ツールを用いた二次選考を行う場合もあります。
応募資格・要件 ・博士号を有するか取得見込みのこと、あるいは博士論文に相当する著作・論文があること
・英語による講義ができること
・日常生活に支障がない程度の日本語能力を有すること
提出書類 以下の文書を印刷した書類1部(用紙はすべてA4用紙とする)と、文書ファイルを1つのPDFとして記録したCDまたはDVD1枚。

(1)履歴書(写真貼付、学歴、職歴、教育歴、研究歴、所属学会、賞罰)
(2)博士号の学位記(写し)(ただし、学位を有する方)
(3)研究業績リスト(査読付き論文、その他論文、著書等を区別すること)
(4)査読付き論文の別刷りまたはコピー(主要論文3編程度)
(5)各種競争的研究資金(代表と分担を区別すること)、産学官共同研究、国際的研究活動等の研究活動を示す実績
(6)これまでの研究経過の概要と着任後の研究の展望(A4で2枚以内)
(7)大学における教育研究(学部および大学院)および職務についての意見と抱負(2枚以内)
(8)その他特筆すべき事項(任意)
(9)可能であれば、参考意見を伺うことの出来る方の氏名、所属、本人との関係、連絡先(電話番号、E-mail アドレス)
応募締切 2020年11月16日
(必着)
送付先 〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-7
横浜国立大学大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門 遠藤 聡
応募方法 応募書類の封筒に「イノベーション政策分野教員応募書類」と朱書きし、書留または簡易書留にて郵送のこと。
公募の観点 当該分野で顕著な研究業績を有し、国内外で活躍のできる方
雇用者(募集者) 国立大学法人横浜国立大学長
問合せ先 横浜国立大学大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門 遠藤 聡
電話:045-339-3791
メールアドレス:endo-akira-hxynu.ac.jp

・提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
・提出書類は返却いたしません。
・本学では、横浜国立大学男女共同参画宣言の精神に基づき、また、人材の多様性を目指す視点から、女性および海外での教育・研究経験者の積極的な応募を歓迎します。

その他の採用情報は、以下のページに掲載しています。


ページの先頭へ