1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が、「第14回セラミックフェスタin神奈川」において「奨励賞」を受賞

環境情報学府生が、「第14回セラミックフェスタin神奈川」において「奨励賞」を受賞

受賞情報

賞状

 2019年12月14日(土)、神奈川工科大学で開催された「第14回セラミックフェスタin神奈川」において、大学院環境情報学府 博士課程前期1年 相田穂乃香さん (指導教員: 伊藤暁彦 准教授) が、「奨励賞」を受賞しました。

 発表題目は、「Yフェライトのエピタキシャル成長における結晶相制御と磁気特性」です。イットリウム (Y) フェライト系化合物は、物質の磁化に伴い旋光性や電気分極を発現する機能性材料群です。相田さんは、Yフェライトのガーネット (YIG) やペロブスカイト (YIP) のエピタキシャル成長に関する研究を進める中で、下地基板の選択によりYフェライト膜の結晶構造を制御できることを見出しました。相田さんの優れた発表内容およびプレゼンテーション能力が評価され、今回の受賞となりました。

 なお、磁気特性に関する研究成果は、本学工学研究院 綿貫竜太 特別研究教員との共同研究によるものです。本研究成果の一部は、科研費・基盤研究 (B) (17H03426) および基盤研究 (C) (18K03536)、横浜工業会・学術研究推進援助の支援を受けて得られたものです。


ページの先頭へ