1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が、「第14回セラミックフェスタin神奈川」において「最優秀賞」を受賞

環境情報学府生が、「第14回セラミックフェスタin神奈川」において「最優秀賞」を受賞

受賞情報

賞状

受賞風景

 2019年12月14日(土)、神奈川工科大学で開催された「第14回セラミックフェスタin神奈川」において、大学院環境情報学府 博士課程前期2年 松本昭源さん (指導教員: 伊藤暁彦 准教授) が、「最優秀賞」を受賞しました。

発表題目は、「ハフニア膜の高速配向成長およびマイクロカンチレバー法による機械的特性評価」です。ハフニアは、靭性と遮熱性に優れる高温構造材料であり、内燃機関向けの遮熱・耐環境コーティング材料として期待されますが、コーティング技術に加え、その機械的特性の評価手法の開発が急務です。松本さんは、化学気相析出法を用いてハフニアのコーティング技術を確立、集束イオンビーム加工技術を用いてハフニア膜内部に微小カンチレバーを作製し、ハフニア膜の機械的特性を評価しました。松本さんの優れた発表内容およびプレゼンテーション能力が高く評価され、今回の受賞となりました。

 なお、マイクロカンチレバー法に関する研究成果は、本学環境情報研究院 多々見純一教授との共同研究によるものです。本研究成果の一部は、科研費・基盤研究 (B) (17H03426)、基盤研究 (A) (17H01319) および横浜工業会・学術研究推進援助の支援を受けて得られたものです。


ページの先頭へ