1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が第52回安全工学研究発表会で「学生講演賞」を受賞

環境情報学府生が第52回安全工学研究発表会で「学生講演賞」を受賞

受賞情報

 2019年11月28日~11月29日に長岡アオーレで開催された第52回安全工学研究研究発表会において、大学院環境情報学府人工環境専攻博士課程前期1年の相原涼馬さん(指導教員:澁谷忠弘教授)が「学生講演賞」を受賞しました。

受賞講演題目は「潤滑油分析及びガウシアングラフィカルモデルを用いた状態監視手法の新規性と有効性の検証」で、潤滑油分析と機械学習を組み合わせた新規状態監視手法の可能性に関する研究です。研究発表を行った若手研究者の中から、選考委員会による審査を経て、学生研究者による発表のうち特に優れたものとして評価され、受賞に至りました。


ページの先頭へ