1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が第35回 日本セラミックス協会 関東支部研究発表会で「奨励賞」を受賞

環境情報学府生が第35回 日本セラミックス協会 関東支部研究発表会で「奨励賞」を受賞

受賞情報

受賞風景

2019年9月3日(火)〜4日(水)、つくば国際会議場で開催された「第35回 日本セラミックス協会 関東支部研究発表会」において、大学院環境情報学府 博士課程前期2年 北村朱里さん (指導教員: 伊藤暁彦 准教授) が、「奨励賞」を受賞しました。

発表題目は、「MOCVD を用いた TiO2/グラファイト複合材料の合成とその光触媒活性」です。持続可能な人工環境の創出のためには、環境浄化システムの高性能化や水素エネルギーの発生効率向上が求められています。TiO2は代表的な光触媒材料ですが、結晶相や形態が、光触媒特性に与える影響は現在も盛んに議論されています。北村さんは、有機金属化学気相析出 (MOCVD) 法を用いてグラファイトロッド基材の表面に、微細なルチル型TiO2柱状晶を高速かつ均一に被覆する技術を確立し、その光触媒特性を報告しました。北村さんの優れた発表内容およびプレゼンテーション能力が高く評価され、今回の受賞となりました。

尚、本研究成果の一部は、日本学術振興会科研費・基盤研究 (B) (課題番号:17H03426) の支援を受けて得られたものです。


ページの先頭へ