1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムで「学生プレゼンテーション賞」を受賞

環境情報学府生が第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムで「学生プレゼンテーション賞」を受賞

受賞情報

賞状

賞状

2019年3月4日~6日に長崎県で開催された第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019)において、大学院環境情報学府博士課程前期2年の濱崎裕太さん、および、同1年の石田卓也さん(指導教員:富井尚志准教授)がそれぞれ「学生プレゼンテーション賞」を受賞しました。

受賞対象となった発表題目は、「多変量データをSPJ質問により統合する平行座標プロット型情報可視化システム」(濱崎裕太さん)、「エネルギーライフログDBを用いたEVの動的充放電計画の実証実験」(石田卓也さん)で、口頭発表セッションにおいて優れた研究プレゼンテーションを行ったと評価されました。


ページの先頭へ