1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が混相流シンポジウムで「ベストプレゼンテーションアワード」を受賞

環境情報学府生が混相流シンポジウムで「ベストプレゼンテーションアワード」を受賞

受賞情報

賞状

2016年8月8日(月)~10日(水)に京都で開催された日本混相流学会主催の混相流シンポジウム2016において、大学院環境情報学府博士課程前期1年の松下悠貴さん(指導教員:白崎実准教授)が日本混相流学会ベストプレゼンテーションアワードを受賞しました。

発表題目は「形状の異なる魚モデルが水面付近で行う自律推進の3次元数値解析」であり、水面付近で魚などが遊泳する際のメカニズムを計算流体力学により気体、液体、固体の三相を同時に取り扱い、スーパーコンピュータを用いた大規模数値解析により解明するという研究です。

同賞はシンポジウムにおいて、応募した学生による「フラッシュトーク+ポスター発表」80件以上の中から10名が表彰されるもので、優秀な発表として選考され受賞に至りました。


ページの先頭へ