1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報研究院の白崎実准教授と環境情報学府生が数値流体力学シンポジウムで「ベストCFDグラフィックスアワード動画部門第1位」を受賞

環境情報研究院の白崎実准教授と環境情報学府生が数値流体力学シンポジウムで「ベストCFDグラフィックスアワード動画部門第1位」を受賞

受賞情報

賞状

2015年12月15日(火)~17日(木)に福岡で開催された日本流体力学会主催の第29回数値流体力学シンポジウムにおいて、大学院環境情報学府博士課程前期2年の佐々木一真さん(指導教員:白崎実准教授)と白崎実准教授(大学院環境情報研究院)がベストCFDグラフィックスアワード動画部門第1位を受賞しました。

対象となった動画は、水面付近を跳躍する魚とそのまわりの流れを計算流体力学とスーパーコンピュータを利用することにより求めて、リアリティのある可視化を行ったものです。

同賞はシンポジウムにおいて、CFD(計算流体力学)の醍醐味が伝わる魅力的な動画として選考され、受賞に至りました。


ページの先頭へ