1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムで学生プレゼンテーション賞を受賞

環境情報学府生が第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムで学生プレゼンテーション賞を受賞

受賞情報

賞状

2016年2月29日~3月2日に、福岡県で開催された第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016)において、大学院環境情報学府博士課程後期1年の萩生田明徳さん(指導教員:富井尚志准教授)が「学生プレゼンテーション賞」を受賞しました。

受賞対象となった発表題目は、「専門家の知見を用いた小袖屏風閲覧システムの構築と展示のストーリーに沿った情報提示」で、口頭発表セッションにおいて優れた研究プレゼンテーションを行ったと評価されました。

本研究の一部は国立歴史民俗博物館共同研究「歴史資料デジタルアーカイブデータを用いた知的構造の創生に関する研究―小袖屏風を対象として」(研究代表者:横浜国立大学大学院工学研究院 濱上知樹教授、平成25年度~平成27年度)によるものです。


ページの先頭へ