1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が環境科学会2015年会において優秀発表賞を受賞

環境情報学府生が環境科学会2015年会において優秀発表賞を受賞

受賞情報

 

2015年9月7~8日に大阪大学吹田キャンパスで開催された公益社団法人環境科学会の2015年会において、環境情報学府環境リスクマネジメント専攻博士課程前期2年の伊藤菜津生さん(指導教員:藤江幸一教授)が、優秀発表賞(修士課程の部)を受賞しました。

受賞となった研究課題は「島外依存と環境負荷の低減を目指した宮古島内バイオマス残滓循環システムのデザイン」です。異なる栽培管理のサトウキビ畑において炭素・窒素に着目した物質フロー解析および地下への窒素溶脱量の実測等を行い、サトウキビ残滓や堆肥化牛糞の農地還元が環境負荷や島外依存の低減および単収向上に対する効果を定量的に評価した成果をポスター発表したものです。


ページの先頭へ