1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が日本土壌肥料学会2015年度京都大会においてポスター賞を受賞

環境情報学府生が日本土壌肥料学会2015年度京都大会においてポスター賞を受賞

受賞情報

 

9月9日~11日に京都大学を会場として開催された日本土壌肥料学会2015年度京都大会にて、「インドネシア不耕起・草生圃場における開始1年間の土壌-植物系の窒素動態(木村、Ainin、Jamalam、藤江、金子)」発表者:環境情報学府博士課程前期2年の木村純平さん(指導教員:金子信博教授)がポスター賞を獲得しました。

この研究は、農地を耕さずに雑草を利用した管理を行うことで収量を維持しながらも、土壌-植物系の生態系機能を利用した保全的かつ持続的な農地利用が可能であることを示したものであり、現在世界中で問題となっている農地の土壌劣化問題に対してひとつの解決アイディアを提案した点で意義のあるものです。


ページの先頭へ