1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生がWater and Environment Technology Conference 2015 (WET2015)においてWET優秀発表賞を受賞

環境情報学府生がWater and Environment Technology Conference 2015 (WET2015)においてWET優秀発表賞を受賞

受賞情報

2015年8月5~6日に日本大学駿河台キャンパスで開催された日本水環境学会主催Water and Environment Technology Conference 2015 (WET2015)において、大学院環境情報学府リスクマネジメント専攻博士課程前期2年の田井梨絵さん(指導教員:益永茂樹教授)が、WET優秀発表賞を受賞しました。

対象となった発表は「Preliminary ecological risk assessment of copper on the Japanese coast(日本沿岸における銅の初期生態リスク評価)」で、海水中銅濃度の測定例と海生生物の銅に対する毒性試験結果の両方を収集し、海域別にリスク評価を試みたものです。
全銅濃度と種の感受性分布に基づく評価では5%の種が影響を受ける濃度(HC5)を超える海域が複数存在することがわかり、より詳細なリスク評価の必要性を明らかにしました。


ページの先頭へ