1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院環境情報研究院(村井(海洋空間利用工学)研究室) 産学官連携研究員公募【4/6必着】

大学院環境情報研究院(村井(海洋空間利用工学)研究室) 産学官連携研究員公募【4/6必着】

職名 産学官連携研究員
所属 大学院環境情報研究院(村井(海洋空間利用工学)研究室)
人数 1名
任期 2015年4月1日以降のできるだけ早い時期~2016年3月31日
年度ごとに契約更新の可能性有り
(最長でも2018年3月31日を限度とする。)
※雇用契約の更新の有無については、期間終了30日前までに通知する。
職務内容 NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「海洋エネルギー技術研究開発/次世代海洋エネルギー発電技術研究開発/リニア式波力発電」に関わる委託事業付きの研究員(産学官連携研究員)として、波力発電アレイ制御技術の開発に関わる数値解析および実験に関する研究活動を行う。プログラム構築も含め、汎用ソフト用いた数値解析により、複数の浮体デバイス間の流体力学的相互干渉効果について数値解析および水槽実験及び実海域試験の計画、試験海域の選定、試験海域実験用アレイの概念設計を行う。
勤務時間 月曜日~金曜日
8時30分~17時15分
週38時間45分
休憩時間 60分(12時00分~13時00分)
給与 日給
履歴(経験年数)による
11,600~17,270円
待遇 昇給:無  賞与:有  退職手当:有  交通費:有
雇用保険:有  社会保険:有  労災保険:適用
※月の途中での採用の場合は、その月の交通費の支給はありません。
※勤務時間数により、雇用保険及び社会保険の適用条件が変わる場合があります。
※実際の雇用条件等により、賞与、退職手当の支給対象にならない場合があります。
選考時期 面接日時は書類選考後、書類選考通過者のみに後日ご連絡いたします。
選考方法 書類審査による第一次選考の後、面接による第二次選考を行います。その場合の面接にかかる交通費、宿泊費は応募者の負担とします。
応募資格 (1) 浮体運動、複数物体の運動あるいは波浪発電などに関する数値解析/実験などの研究経験のある方。
(2) プログラム言語としてFortranが使える方(実務の中でFortranとANSYS AQWAを併用予定)。
提出書類 (1) 履歴書(任意様式、写真貼付, 学位記の写し)
(2) 研究業績書(論文・総説および著書等。学術論文は査読付きと査読なしに区分すること)
(3) その他応募資格に関連した事項(学会活動、研究活動、社会貢献等)を示すもの(書式自由)
応募締切 2015年4月6日
(必着)受付終了
送付先 〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79-7
横浜国立大学 大学院環境情報研究院 村井研究室 宛
応募方法 郵送
封筒に「村井研究室:産学官連携研究員応募」と朱書きのこと
備考 給与は現時点の規定による額のため、変更となる可能性があります。
問合せ先 横浜国立大学大学院環境情報研究院 村井基彦
Tel.045-339-4098
メールアドレス:m-muraiynu.ac.jp

・提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
・提出書類は返却いたしません。

その他の採用情報は、以下のページに掲載しています。


ページの先頭へ