1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が環境科学会2014年会において「最優秀発表賞」を受賞

環境情報学府生が環境科学会2014年会において「最優秀発表賞」を受賞

受賞情報

表彰状

 2014年9月18日につくば国際会議場(茨城県つくば市)で開催された「環境科学会2014年会」において、環境情報学府博士課程後期1年の三保紗織さん(指導教員:亀屋隆志准教授)が最優秀発表賞(ポスドクおよび博士課程学生の部)を受賞しました。

 受賞研究課題は「2つの都市河川におけるPRTR対象物質の検出傾向」であり、異なる都市河川流域におけるPRTR化学物質の検出状況について、化学物質の用途や河川水の流達などの観点から考察した研究です。ポスター内容とプレゼンテーションの審査を経て、全国の環境科学分野のポスドクおよび博士課程学生が集う中で最も優れた研究発表として評価され、見事受賞に至ったものです。


ページの先頭へ