基軸プロジェクト

生態系サービス維持のための生態系科学の創発

研究代表者 金子信博

国連ミレニアム生態系評価(MA)で示されたように,私たちは生態系の恵である「生態系サービス」に大きく依存して生活しています.地球環境問題は,この生態系サービスが地球規模の環境変動によって低下する危険性を私たちに教えてくれています.

本基軸プロジェクトのメンバーは,旧環境科学研究センターにおける「日本植生誌」を初めとする植物社会学の大きな成果を誇っています.また,環境情報研究院と教育人間科学部には現在,植生学,植物生態学,土壌生態学,地球科学などの専門家が多く教育研究に携わっており,野外科学に関する幅広い教育研究が可能となっています.一方,環境情報学府に進学してくる学生は幅広いバックグラウンドを持ち,必ずしも野外調査の十分なトレーニングを積んでいません.そこで,丹沢山地に長期生態系モニタリングを行う「環境省モニタリングサイト1000」の準コアサイトを設定し,運営することでトレーニングを兼ねた長期モニタリングを実施しています.

本基軸プロジェクトは,生態系にかかわる研究者による協同により,生態系サービスを維持するための新たな生態系科学の創発を目指しています.

担当者:雨宮 隆,有馬 眞,石川正弘,大野啓一,金子信博,小池文人,酒井暁子,佐土原 聡,中村栄子,原田 洋,藤原一繪,松田裕之,持田幸良,森

高次生命情報に基づい技術と物質の創製

研究代表者 平塚和之

-目的- 遺伝子発現の各段階、細胞から個体に至る遺伝子機能発現機構のように多様性に富んだ高次生命情報の制御機構が存在する。それを解析し、計画的に制御・改変あるいは高精度にモニタリングする技術を開発し、医農薬・食品等の生産技術への展開を図ることにより、食物アレルギーや薬剤副作用、化学物質の環境負荷リスク等を大幅に低減させることが可能な技術の創製に貢献することを目的とする。

-意義・重要性- 本プロジェクトは応用性が非常に高く、画期的な創薬技術創出への期待が大きい。既製品と比較して際だった薬効と高い安全性が要求される新規医農薬創製の困難さと、欧米系メガファーマの寡占的状況による国内関連産業の相対的な研究開発能力の低下が、本プロジェクトの社会的必要性の背景としてある。

-研究内容・方法- 新規な生細胞連続モニタリングシステムを応用し、各種高性能分析装置による、動物、植物対象の代謝物解析法等と組み合わせ、新規な網羅的生体関連物質解析法の開発を実施する。また、基礎科学分野に止まらず、当該研究の産業応用を意識した諸分野との連携にも積極的に取り組む。

-教育内容・方法- 大学院生に対し、上記の研究内容に取り組ませることにより、当該基礎科学分野の最先端に位置しつつ、環境情報学府の特色を活かした研究・教育内容を実施する。具体的には、大学院生が主体的に当該研究テーマに取り組むことが出来る環境を整備し、得られた成果は、関連学術研究会における対外発表や学術論文作成につなげることを積極的に奨励する。

参加メンバー:井上誠一、尾形信一、栗原靖之、笹本浜子、中村達夫、平塚和之、星野雄二郎、横山幸男

分野横断・文理融合型地域研究教育を実現する知的情報基盤の構築

研究代表者 佐土原 聡

中規模大学の優位性を活かした分野横断・文理融合型の地域研究教育を実現する「知的情報基盤」を構築しています。

「知的情報基盤」は、環境問題などの地域に関わる課題を解決するために、異なる分野の研究者が同じ対象地域に関して、分野を超えて各自が持っている知見を出し合って共通認識をもち、互いに知的な刺激を与え合いながら、新たな知見を創出、蓄積・共有して、知的能力を向上させるものです。具体的にはコンピュータに知識・知見を構造化して、さまざまなデータ・情報をデータベースに格納しています。地理空間的な情報はGIS( 地理情報システム)によって格納、管理、解析、表示するとともに、大気や水循環のシミュレーターなどとも連動しています。

この「知的情報基盤」は研究者のみならず、地域のNPO、行政、企業などが密度の高い情報共有を行い、頭脳を活性化して知見を創出する、協働の場(プラットフォーム)を提供します。

本プロジェクトにより、分野横断・文理融合型の研究促進、人材育成、大学と地域とのコミュニティネットワークの構築による地域貢献が可能となります。また、同様な取り組みを行っている海外の拠点大学とも連携し、国際的な展開が期待できます。

担当者: 佐土原聡・石川正弘・嘉田良平・金子信博・益永茂樹・吉田聡(以上、環境情報研究院)・高橋冨士信・高見沢実(以上、工学研究院)・金澤史男・長谷部勇一(以上、経済学部)

安全・安心社会の構築を目指す産業災害リスクマネジメント科学の創出と展開

研究代表者 大谷英雄

1.研究目的
近年,大きな産業構造変化,施設の老朽化,安全管理組織の脆弱化等により,従来とは異なる構造的な大規模産業災害が多発するようになってきた。このような災害の特徴は,経営・管理面における組織・システムやそれらを構成する人員の機能不全が原因となっていることにある。これは,工学技術と人的組織が有機的に連動していないことの表れであり,リスクマネジメントの欠如にほかならない。また,社会科学的視点に立脚したリスクコミュニケーションの構築も急務となっている。

2.研究内容
本プロジェクトは,学理創出とツール開発・展開より成る。学理創出では,従来の学問分野で得られた知見を総合し,文理を超えて共有しうる産業災害リスクマネジメントの理念と方法論を創出することを目的とし、「社会制度と組織文化」「イノベーションと維持管理」及び「コミュニケーションと社会受容」の3 つに注目し,理念と方法論を創出する。
ツール開発・展開では,理念との整合を保ちつつ,より具体的な研究課題について検討する。研究課題は上述の学理創出での3相と互いに関連を持ち, 3 つの具体的ツール開発を実施する。

3.期待される成果

  • 健全で持続可能な産業社会構築のグランドデザイン
  • 企業の災害リスクベースビジネスモデリング
  • 社会的受容性と安心感醸成を考慮したリスク社会における社会コストの最適化方法論の提案

環境調和型適応構造物の設計プロジェクト

研究代表者 山田 均

エコイノベーションを目指した実践エコマテリアル開発プロジェクト

研究代表者 鈴木淳史

我々は「エコイノベーション」、「実践エコマテリアル」をキーコンセプトに、本研究院の基軸プロジェクトの一翼を担い教育研究活動を推進している。この基軸プロジェクトの目標を下記のように設定し、メンバー個々人の教育・研究のポテンシャルを結集させるべく努力している。また、共同的な発信の場を形成し、本学からの発信のひとつの柱へと成長させるべく、年度を越えた中長期的な教育研究活動を企画している。

<プロジェクト目標>
(1) 気候・資源リスク回避に貢献する実践エコマテリアル研究開発グローバルな環境問題解決に向けて、その基盤となる材料に関する研究開発を行い、実業界との共同研究を推進する。

  • 環境調和型クリーンテクノロジーの基礎ならびに応用技術研究
  • 環境調和材料(環境修復・環境負荷の低減)と環境調和型プロセスに関する要素技術の開発と普及
  • 新規機能の探索、新規材料の創製、新規シンプルプロセスの実践、企業化への試み

(2) 実践エコマテリアル研究成果と教育活動の地域から世界へ発信環境関連分野での先進教育研究機関としての本学のアイデンティティー強化およびイメージアップに貢献する。

  • 学際領域分野の研究協力の成果を大学院教育に活用
  • 研究の成果や教育活動の内容を地域において公開のセミナーなどの自発的な契機を通して公開・発表
  • 今後のマテリアル産業・研究開発の持つべき方針を提案し世界に発信

「信頼と納得の情報学」を創る -納得して利用できる情報・システム・サービスの枠組みを求めて-

研究代表者 松本 勉

今日、情報は溢れ爆発的に飛び交っています。情報を担う媒体は、テキスト、画像、映像、数値データ、記号列等と様々であり、その利用シーンも情報通信、情報検索・抽出、情報の保存、情報の解析等、多岐に渡り、それらを扱うシステムや機器やサービスは激しく変化しています。どの情報が、また情報を扱うどのシステム・機器・サービスが、利用者のニーズにとって信頼でき有用であるのかを的確に判断すること、納得して利用することは、必ずしも容易ではありません。次善のもの選択する場合にも納得性が問われます。本プロジェクトでは、「納得できる」ための仕組みをその根本から問い、それを支える手法を開拓します。情報やそれを扱うシステム・機器・サービスの信頼性(Trustworthy) の尺度をそれらの用途に合わせて開拓し、その尺度に基づく情報・機器・システム・サービスの信頼性を客観的に測定・評価して納得のいく形で第三者が利用することを可能にする情報学の体系=「信頼と納得の情報学」(Informatics for Trustworthy and Convincing Computing) の構築を目的としています。

具体的な研究・教育テーマから

  • ウェブ(ディジタルドキュメント等)の中から、信憑性の高い情報を効率良く、誰にでも使いやすい形で検索し抽出する技術の構築
  • データベースおける正確で信頼性の高い情報(時空間情報やモノの情報)の表現、効率の良い保存及び使いやすい取出技術の構築
  • 多くの情報の集まりである画像から、所望の信頼性の高い情報を容易に取り出す技術の構築
  • 画像やテキストデータ等の多くの情報をもとに、様々なポリシーに基づく信頼性の高い自動判定技術の構築とその応用
  • 信頼できユーザが納得・理解して利用できるネットワークやセキュリティ技術の構築
  • 信頼性の高い数値データの数値計算・解析・物理シミュレーション技術の構築
  • ディジタル的にヒトやモノを信頼性の高い精度で認識・認証しそれから得られた個々の情報を効率良くセキュアに管理する技術の構築

参加メンバー:松本 勉、有澤 博、有光直子、岡嶋克典、影井清一郎、後藤敏行、四方順司、白崎 実、田村直良、富井尚志、長尾智晴、松井和己、森 辰則、吉岡克成

変貌するグローバルネットワークにおける社会・経済・企業のイノベーション・マネジメント

研究代表者 近藤正幸

本基軸プロジェクトは、「企業環境、社会・経済環境、地球環境の重層性と相互関係の中で、刻々と変貌するグローバルネットワークにおいて、情報技術や環境技術などの革新的技術を活かして経済的成果を確保すると同時に、社会的に受容され、環境とも調和するイノベーションを如何に推進するか」を問題意識として、右図の概念の下に、以下の3 つのサブプロジェクトにより実施している。

  1. ハイテク・ベンチャリング・クラスター創造-産学官連携と地域イノベーション推進、新事業創造の総合的研究-
  2. 企業の社会的責任(CSR)認識の変化とイノベーションに関する研究
  3. 企業の海外戦略と国際企業間ネットワークを活用したグローバル・イノベーション経営

内容を例示すれば、サブプロジェクト1 については、三井が英国北東部、アイルランドシャノン地域と京浜地域の地域イノベーションの比較を行っており、サブプロジェクト2 については、鈴木らがミャンマー等においてマングローブの再生に取り組んでいる。サブプロジェクト3 については、周佐が日本の電子メーカーの21 世紀における企業内国際分業について研究を進めており、近藤は、学長裁量経費を用いて、日本からタイへの民間主導による組織的国際技術移転について研究している。 

また、本基軸プロジェクトに参加する多くの教官が参画してこれまで3 年間に亘り情報セキュリティ大学院大学と共同で開催してきた公開講座の成果を、一般向けの書籍「入門 情報セキュリティと企業イノベーション」( ジアース教育新社、2008 年) として取りまとめている。

関連する専攻: 環境イノベーションマネジメント専攻
関連するホームページ: YOKOHAMA-MOT http://www.yokohama-mot.jp/

横浜国大発・男女共同参画アウトリーチプロジェクト - 女性研究者キャリアパス教育の取り組み

研究代表者 有光直子

現在、産・官・学すべての領域において女性の進出が期待されており、各所で男女共同参画あるいは女性支援の事業が実施されています。女性の進出には、女性および同環境下の男性の意識改革のみならず、制度作りが不可欠となります。環境情報学府は、女性院生の比率が比較的高いこともあり,従来にはなかった女性研究者のキャリア形成に役立つ教育プログラムの必要性があります。本プロジェクトは、環境情報研究院教員と協力教員が中心となった、理系・文系の垣根を越えたものであり、学内で初めての大学横断型男女共同参画教育研究プロジェクトです。

本プロジェクトは,横浜国立大学学生の、男女共同参画への意識を高めるとともに女性研究者としてのキャリア形成のためのモデル提示ならびに体制作りを主な目的とするもので,以下の3本の柱を中心としています。(1)キャリア形成のためのエンパワーメント講座を基盤としたエンパワーメント事業、(2)学内の男女共同参画推進への環境整備および制度作り、(3)学内状況の実態調査ならびにロールモデルに関する情報収集の実施。

具体的な実施内容は,以下の通りです。「エンパワーメント事業」では,平成20 年4 月から環境情報学府 各専攻共通(選択科目)として「女性キャリアパス」が開講されています。2 ヶ月に1 回程度、エンパワーメント講座を開催。横浜国大女性院生のキャリアパス模索の指針となることを目指しています。「情報収集と発信」では,今後開催されるシンポジウムなどを契機に、国大関係者以外の地元企業を含めた学外ネッワークへの発展を期待しています。また,キャリアパス・男女共同参画の取り組みを、印刷物、HP を通じ国大から発信することを予定しています。

以上の環境情報研究院・学府にとどまらない全学的な取り組みにより、本プロジェクトが、国内的な政策の流れに沿った横浜国大における男女共同参画推進の一翼を担うことを目的としています。


ページの先頭へ