自然環境と情報部門

生態学、地球科学、工学などを基礎に、地球の成り立ち、自然環境の仕組みと法則性を調査、モニタリング、実験などを通して明らかにします。同時に、情報メディア学を基礎としたシミュレーション技術や生物を用いた毒性試験なども駆使して、人間活動の環境への影響を予測、評価する手法を開発します。さらに、環境影響評価結果に基づき、環境負荷の少ない人間活動にするための設計を、生態学、生命工学を含む工学技術、適正化手法を融合的に用いて探求します。

研究紹介

当部門が関係する基軸プロジェクト


ページの先頭へ