環境システム学専攻

環境システム学専攻は、前期課程においては、持続循環型社会の実現に寄与するために、人工物のライフサイクルを視野に入れ、グローバルな問題に対応でき、しかも、実践的・創造的で幅広い政策立案から細かなコンサルティングにまで対応できる高度専門的人材を、後期課程においては、人工物のライフサイクルを視野に入れ、循環型社会の実現に寄与するために、グローバルな視野に立って、実践的でかつ創造的能力を備え幅広い分野に対応できる中核となる人材を育成します。

そのため、前期課程では、デバイス・機械・構造物を形成するマテリアルの物質循環・環境負荷・資源リサイクル、及び人工環境空間・移動体に関する環境調和型システムの形成・維持・管理技術、システムデザイン手法において高度で専門的な理論と方法論を教育研究し、後期課程では、環境に調和した材料・構造・システムの設計・構築・リスク管理と環境マテリアル学を基軸としつつ、政策立案から細かなコンサルティングまで対応でき、独創的な問題提起と独自の解決能力を教育研究することとしています。

  • 前期課程(マテリアルシステムコース):デバイス・機械・構造物を形成するマテリアルの物質循環・環境負荷・資源確保について教育し,材料分野において創造的な政策立案ができる人材を育成します。
  • 前期課程(システムデザインコース):人工環境空間・移動体に関する環境調和型システムの形成・維持・管理技術、システムデザイン手法を教育し、政策立案から細かなコンサルティングにまで対応できる人材を育成します。
  • 後期課程:人工物のライフサイクルを視野に入れ、環境に調和した材料・構造・システムの設計・構築と環境マテリアル学を教育し、循環型社会の実現に寄与するために、グローバルな問題に対応でき、実践的・創造的で幅広い政策立案から細かなコンサルティングにまで対応できる人材を育成します。 

教育研究紹介


ページの先頭へ