環境生命学専攻

環境生命学専攻では、前期課程においては、授業、実験・実習を通して、生命科学、応用化学、生態学、地球科学に関連する課題探求能力を身につけた研究者、実務現場で活躍できる技術者、管理者などの人材を、後期課程においては、授業、実験・実習を通して、生命科学、応用化学、生態学、地球科学に関連する分野の課題について深い学識を持ち、地球生命システムにおける問題性の指摘可能な能力や課題探究能力を身につけた研究者、実務現場で活躍できる技術者、管理者などの人材を育成します。

そのため、前期課程、後期課程とも、分子・細胞レベルのミクロの系から、地球・生態系のようなマクロな系まで複雑かつ階層的な地球生命システムを相対的にとらえ、人類にとって将来あるべき地球環境像の実現に向けた方策と技術の教育研究をすることとしています。

  • 前期課程(地球環境コース):地球上の自然環境自体を総合的システムととらえ,そのメカニズムを教育し,実務現場で即戦力となる技術者や研究機関職員等の人材を育成します。
  • 前期課程(生命環境コース):生物・生命システム及び様々な化学物質が生命・生活・生態システムに与える影響を教育し,環境及び生命科学関連分野で広く活躍できる人材を育成します。
  • 後期課程:分子・細胞レベルのミクロな系から、地球・生態系のようなマクロな系まで複雑かつ階層的な地球生命システムを総体的にとらえ、生態学、地球科学、生命科学、応用化学を中心とする授業と実験を通した教育により、理想的な地球・生命環境の実現に必要な知識と技術を身につけた、研究機関職員等の人材を育成します。

教育研究紹介


ページの先頭へ