情報メディア環境学専攻  

  専攻のウェブサイトはこちらから!!

情報メディア環境学専攻は、前期課程においては、情報システムの安全性と情報分析・モデル化を視野に入れた情報システムや情報メディア技術の根幹を支えるシステム開発技術者、設計者、システムアナリストとして活躍できる総合的な目標設定・達成能力を備えた自立的な人材を、後期課程においては、情報システムの安全性と情報分析・モデル化を視野に入れ、新しい情報システム・情報メディア技術を創造する情報システムの研究者、高度応用システムの研究開発者として活躍できる研究創造力と高度の目標設定・達成能力を備えた自立的な人材を育成します。

そのため、前期課程では、環境から情報を取り込み、新しい情報環境を構築するためのソフトウエアや情報処理技術に加え、情報メディアに着目した情報分析・モデル化・表現法、情報システムと人を取り巻く環境の情報セキュリティやコミュニケーション技術、複雑なシステムに対する数理解析手法について教育研究し、後期課程では、これらにおける高度で専門的な理論と方法論を教育研究することとしています。

  • 前期課程(情報メディア学コース):環境を含む様々のメディア情報からの意味抽出、情報体系化、モデル化、データベース・ネットワークにおける問題解決手法等を総合的に教育し、情報メディアに関する深い理解と技術を持った人材を育成します。
  • 前期課程(環境数理解析学コース):自然界の複雑なシステムを解明するための数値解析、関数解析手法、それを用いたシステム開発を教育し、数理的思考能力に基づいた新しいシステムを開発していける人材を育成します。
  • 後期課程:新しい情報環境を構築するための情報処理技術に加え、情報コンテンツに着目した情報分析・モデル化・デザイン技法、複雑なシステムに対する数理解析手法を総合的に教育し、情報メディア技術の根幹を支える研究者、開発技術者、環境アナリストなどの情報と環境メディアに係る広範な人材を育成します。

教育研究紹介

当専攻が関係する主な教育・研究プロジェクト

文部科学省大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)採択事業
『医療・福祉分野で活躍できる情報系人材の育成』


ページの先頭へ